« 水上バスに乗って、アグリに乗って 極私的5月6日(火) | トップページ | アグリがいないグランプリ… »

2008年5月 7日 (水)

奇跡のチームを僕達は忘れない!

みんなの想いが夢を叶える

そんな夢の詰まったF1チームに終止符が打たれてしまった…。

F1参戦39戦、最高位位、総獲得ポイント点、スーパーアグリF1チームはF1からの撤退を発表し、姿を消した…。もう、その勇姿は見られない。

30年ぶりに富士でF1<br />
 開幕!

あぁ、とても残念でならない。
こんな日が早かれ遅かれやって来ることは、みんな薄々と感じていたことではあったけど、それが突然やって来てしまった、って感じ。

独・自動車部品メーカー『ヴァイグル・グループ』との話が出てきたときには一筋の光を感じることが出来ただけに尚更ショックが大きいね。

鈴木亜久里代表が会見で、SSユナイテッドのスポンサー料の不払いが危機的な財政難を引き起こし、マグマ・グループとの交渉決裂が苦渋の決断を決意させ、ヴァイグルとの資本提携交渉はもはや時間切れだったと評した。実情もヴァイグルいかんに関係なく、ホンダがこれ以上の金銭支援も技術支援を出来ないというのが撤退を決意させた最大の理由だろう。

それでもホンダはよくサポートしてくれたと思う。SAF1は紛れもなくホンダのサポートなくして誕生しなかった。それにトルコGPのガレージにSAF1の機材を入れさせなかった張本人はホンダから命を受けたニック・フライだと言われているけど、
オイラが思うに、SAF1にこれ以上レースを続けさせて事態を悪化させたくないというホンダの親ゴゴロだと理解したい。

それでも私情として、SAF1の卒業レースが見たかったなぁ…。

佐藤琢磨も本当によく頑張ってくれたね!
1周6秒も遅い型落ちのマシンを辛抱強く走り続けて、着実に競争ができるマシンへと進化させていった。

そして、07年には開幕戦で予選Q1進出という最高のサプライズを演出してくれて、その勇姿を見たファンは大きな夢へのステップアップを肌で感じ取ることが出来たのです!

さらに、スペインGPで8位初入賞したときの琢磨のキラキラした笑顔は忘れることが出来ませんね!

そしてカナダGPでの驚愕のオーバーテーク・シーンを目のあたりにすることになるのです。
なんと、マクラーレンのフェルナンド・アロンソを直線勝負で豪快に抜き去ったではないか!

あの姿、絶対に忘れません。

そして“Born in Japan”の夢がいっぱい詰まったプライベートチームがあったことを忘れてはいけないね!

鈴木亜久里さん、僕達はこんなに一喜一憂することが出来ました。夢と奇跡を共有することも出来ました!

それだけで十分です。

ありがとうございました!

|

« 水上バスに乗って、アグリに乗って 極私的5月6日(火) | トップページ | アグリがいないグランプリ… »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/41124979

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡のチームを僕達は忘れない!:

« 水上バスに乗って、アグリに乗って 極私的5月6日(火) | トップページ | アグリがいないグランプリ… »