« 『ねんきん特別便』について① | トップページ | 『ねんきん特別便』について② »

2008年6月15日 (日)

名月院と鎌倉ハイキング 極私的6月14日(土)

6月14日(土)
朝8時半過ぎ、宮城県のほうで震度6強の地震があった。

ちょうどその頃、眠気まなこでテレビを見ていると、テレビ画面に『緊急地震速報』という表示が出てきたので、何事?と思っていると、その予報から30秒ほどでグラグラと揺れ始めた。

ふーん、ついに地震も予報できる時代になったんだね。

さて、今日オイラは、紫陽花を見に『名月院』へ行ってきましたよ!

“あじさい寺”こと名月院はJR北鎌倉駅から徒歩10分ほどのところにあるのだけど、時期が時期なだけに名月院までの小道は観光客で大行列ができていた。

途中、おっちゃんが地図を売っていたので、それを買う。『古都鎌倉・てくてくまっぷ』200円なり。

名月院の前で30分ほど並び、やっとのことで入り口をくぐると、そこには真っ青な姫あじさい達が参拝者を出迎えてくれるのだ!

そこから本堂まで続く石段の両脇には、びっしりと紫陽花が咲いている。

名月院の姫あじさい

うんうん、並んだ甲斐があった!

本堂の前にある枯山水庭園も何を表現しているのかわからないけど、見ていて飽きない。じぃーっと見てしまう。

名月院の枯山水庭園

名月院をあとにして、『てくてくまっぷ』を見ながらハイキングコースに入ることにした。

浄智寺から葛原岡神社までの『葛ヵ岡ハイキングコース』と、葛原岡神社から長谷大仏までの『裏大仏ハイキングコース』という道のり。ひと山越える大変なハイキングだけど、ウグイスやトビの泣き声が心地いいので自然とカラダが動く!

少しコースから外れて、源氏山公園の源頼朝像を眺めたり、銭洗弁天へ寄ったりしながら、ゆっくり歩いて1時間半ぐらいで、大仏に到着!

あ〜、疲れた…。

この日、江ノ電は大混雑で、電車に乗るまでに30分かかるという。オイラは長谷駅から江ノ電に乗って江ノ島へ行こうと思っていたんだけど、さすがに休日まで満員電車に乗りたくないので、長谷駅をスルー。

そのまま由比ヶ浜まで歩いて、海を見ながら時間を潰すことにした。

あー、泳ぎたいな!
海岸にある海の家は、まだ建設中だ。海開きまで、あと2週間ぐらいなのかな?
もうすぐで夏突入なんだねぇ!

そのまま海岸線を稲村ヶ崎まで歩いてしまった。途中、江ノ島が見える綺麗な公園があるんだけど、ここは最高ですよ!

名月院と鎌倉ハイキング

芝生で寝そべりながら江ノ島を眺め、海を感じ、トビの泣き声を聴く。お弁当があったらもっと最高だね!

1時間ほど、この公園で根をはってしまう。さすがに夕方6時を過ぎると江ノ電も空いてきたので、やっとのことで稲村ヶ崎駅から江ノ島へ行くことができたのでした。

|

« 『ねんきん特別便』について① | トップページ | 『ねんきん特別便』について② »

極私的日記」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。

翌日でしたか!

日曜日はコースの所々にぬかるみがあって大変でしたよ。

でも、森林浴ができて、さらにトビのかっこいい泣き声まで聴けたので、大満足でした!

鎌倉にはいろんなハイキングコースがあるようなので、いつか、すれ違うかもしれませんね!

オススメのハイキングコースがあれば教えて下さいね。

では!

投稿: のぐち | 2008年6月19日 (木) 08時00分

おばさんはほぼ逆コースを翌日歩きました。大仏コースほんとに鴬が多いですね。

投稿: ikiki | 2008年6月18日 (水) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/41539024

この記事へのトラックバック一覧です: 名月院と鎌倉ハイキング 極私的6月14日(土):

» 国分寺エリア  東京デリヘル研究所 [国分寺エリアページ 東京デリヘル研究所]
国分寺ってなんか大仏がありそうですよね! [続きを読む]

受信: 2008年7月 2日 (水) 19時32分

« 『ねんきん特別便』について① | トップページ | 『ねんきん特別便』について② »