« 『ねんきん特別便』について⑥ | トップページ | 亀田興毅の挑戦状はシナリオ? »

2008年7月27日 (日)

ひょうきんキャラ三昧 極私的7月27日(日)

7月27日(日)
堀江被告の実刑判決は2審でも変わらなかった。

ホリエモンは上申書を提出して市場に対して詫びを入れたようだけど、裁判長は『反省の情がない!』と、これを一蹴。それもそのはず、新興市場は今でもライブドアショックを引きずっているのだ。

一時はマザーズの星と呼ばれた超一等星も、実はすべての光を消し去ってしまう暗黒のホールだったのだ…。

政治の世界では、内閣改造ムードが充満している。

まぁ、オイラの予想も大方どおりだけど、福田首相は近いうちに内閣を改造して総選挙への準備を整えるのだろうと思っている。

もし、その改造内閣に強いメッセージ性がなければ、福田政権も政権与党もジ・エンドだ!

CHANGEのキムラ内閣のように行動を起こして反撃を開始できるのか見物ですな。

さて、オイラは昨夜からフジテレビの

『27時間テレビ ひょうきん夢列島』を見てましたよ!

ひょうきん世代のオイラにとって、オープニングの“なんですかマン”の登場から涙ちょちょぎれモノです!

『なんですか〜 なんですか〜♪』って何度歌ったことか!?

そのあとのヘキサゴンの“パーでんねん”や、サンタクのときの“ブラックデビル”などなど、伝説のキャラはどれも最高!

“アミダばはあ”とダウンタウンの接近遭遇にはハラハラものでした。

ジミーちゃんのブルブル攻撃でオイラは笑い疲れましたよ…。

夜中までずっと見ていてオイラが眠りに就いたのは、さんま・中居の今夜も眠れないのコーナーが終わった頃だから、3時半ぐらいかな!? 目覚めたときには、いいとも!のテレフォン・ショッキングが始まっていて、さんちゃんは声を枯らしながらタモさんとトークバトル中でした、アハハ。

さすが、27時間爆笑トークマラソンだね!

最後の鬼瓦&タケちゃんマンの大暴走シーンは腹がよじれるほど笑ったもんね。

しょうゆうこと。

|

« 『ねんきん特別便』について⑥ | トップページ | 亀田興毅の挑戦状はシナリオ? »

極私的日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/41987771

この記事へのトラックバック一覧です: ひょうきんキャラ三昧 極私的7月27日(日):

« 『ねんきん特別便』について⑥ | トップページ | 亀田興毅の挑戦状はシナリオ? »