« 聖獣バロンと魔女ランダ | トップページ | G1観戦 8月16日(土) »

2008年8月17日 (日)

G1クライマックス2008 両国6日目

G1クライマックス2008<br />
 両国6日目

『G1クライマックス2008』観戦記

今年のG1クライマックスは最終日までブロック予選が続く為に、優勝者を予想するのは難しい。

6日目終了時点で予選落ちが決定したのは、

Aブロックでは棚橋、中西、井上の3人。

Bブロックでは天山と矢野の2人。

残りの選手は最終日の結果しだいで優勝決定戦へ進出する可能性を残している。

残念なのは、前年度覇者の棚橋弘至が5日目で脱落してしまったことだろう。わずか1勝での終戦だ…。やはり、春のニュージャパン・カップ&IWGP挑戦と全日のチャンピオン・カーニバルとの連戦が棚橋の膝に深刻なダメージを残してしまったようだ。その為に、必殺ハイフライ・フローが封印されてしまった。もはやジ・エンドだ!

この日、熱戦を繰り広げた小島vs大谷の外敵対決は30分時間切れ引き分けで、勝ち点が共に7。両者同点でAブロックの首位に並び立つ。最終日は小島が真壁と、大谷が棚橋と対戦する。

永田vs川田戦では緊急事態が起こってしまった。脳梗塞の疑いで一時戦線離脱していた永田裕志が、この試合中にも異変が!?

G1観戦 8月16日(土)

20分近い激闘の中、秋山を葬ったこともある永田の右ハイキックが川田の側頭部に直撃!
これで勝負ありか!?

しかし永田はフォールどころか、片膝をついたまま動かなくなってしまったのだ。立ち上がった川田がそのまま顔面蹴りで大逆転!

永田はタンカへ…。

これでBブロックは5人の選手が勝ち点6で並び立つという混戦状態だ。

〈Bブロック〉
●永田裕志 vs 川田利明○

永田…6点
川田…6点

〈Aブロック〉
△小島聡 vs 大谷晋二郎△

小島…7点
大谷…7点

〈Bブロック〉
○後藤洋央紀 vs 矢野通●

後藤…6点
矢野…4点(脱落)

〈Aブロック〉
○真壁刀義 vs バーナード●

真壁…6点
バーナード…6点

〈Bブロック〉
●天山広吉 vs 吉江豊○

天山…2点(脱落)
吉江…6点

〈Aブロック〉
●中西学 vs 井上亘○

中西…6点(脱落)
井上…2点(脱落)

〈G1スペシャルタッグマッチ〉
中邑真輔・○カートアングル vs
●棚橋弘至・AJスタイルス

〈IWGPジュニアタッグ選手権〉
○稔・プリンスデヴィット
vs
獣神サンダーライガー・●AKIRA

|

« 聖獣バロンと魔女ランダ | トップページ | G1観戦 8月16日(土) »

プロレス観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/42188177

この記事へのトラックバック一覧です: G1クライマックス2008 両国6日目:

» 「G1クライマックス」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「G1クライマックス」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「G1クライマックス」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 11時33分

« 聖獣バロンと魔女ランダ | トップページ | G1観戦 8月16日(土) »