« KK対決&巨匠対決 極私的8月3日(日) | トップページ | 北京五輪の開幕とシャマラン映画 »

2008年8月 5日 (火)

マッサ、エンジンブローに泣く…

まさか、まさかのエンジンブロー…。

誰もがフェラーリ・マッサの圧勝を疑わなかったはず。どうも大空をはばたく跳ね馬はエアーポケットにハマり込んでしまったようだ。

思い起こせば開幕戦からフェラーリエンジンは耐久性に乏しいかった。それでも第2戦のマレーシアから第5戦のトルコまでのフェラーリ4連勝は他を寄せ付けぬ速さを誇る。そのため、レース後半ではエンジンを温存できていたのだ。

しかしモナコ以降、マクラーレンの速さが目立ちはじめ、伏兵BMWの追撃が始まると、フェラーリの速さは陰り、戦略にもミスが多発する…。そして今回のエンジンブロー。あと3周でのトラブルだ。

もし何事もなくマッサがゴールしていればポイントを64までのばしてランキングリーダーになっていた。それがリタイアとなり8ポイントのビハインドでランク3位。これは天と地の差だ!

でもエアーポケットの出口は見えている!
このレースでのマッサは異次元にいる速さだったし、王者ライコネンの後半の追撃は本来あるべきフェラーリの姿だった。跳ね馬復活の日も近そうだ!

マクラーレンのハミルトンにもタイヤパンクチャーというトラブルが起こった。こちらもフェラーリ同様、いつかは起こり得ることが予期できていたもの。

しかし残り30周でスーパーソフトしか残っていない状況でパンクするとは想定外だろうに。

でもラッキーなことにマッサがリタイアしたことでポイント首位の座は維持できた。

まだまだハミルトンには運が残っているようだ!

第11戦ハンガリーGP決勝
優勝コバライネン(マクラーレン)38
2位グロック(トヨタ)13
3位ライコネン(フェラーリ)57
4位アロンソ(ルノー)18
5位ハミルトン(マクラーレン)62
6位ピケJr(ルノー)13
7位トゥルーリ(トヨタ)22
8位クビツァ(BMW)49

|

« KK対決&巨匠対決 極私的8月3日(日) | トップページ | 北京五輪の開幕とシャマラン映画 »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/42072017

この記事へのトラックバック一覧です: マッサ、エンジンブローに泣く…:

« KK対決&巨匠対決 極私的8月3日(日) | トップページ | 北京五輪の開幕とシャマラン映画 »