« 国技館と武道館 極私的8月31日(日) | トップページ | 混沌の総裁選と厄介者のハンコック 極私的9月6日(土) »

2008年9月 4日 (木)

福田首相の辞任について

福田首相が突然、辞意を表明した。

辞任会見の模様は各局とも番組を中断して生中継し、翌朝の一般紙は紙面の大部分を福田首相の辞任の記事で占められた。

社説の論調は、無責任だ! 政権投げ出しだ!となる。

オイラの感想はそれらとはちょっと違う。

『やっと辞めてくれたか…。』である。

国民目線かどうかは知らないけど、オイラ的には、やっと国民の要求に答えてくれたかと。それでも決断が遅すぎる。サミット後でよかったのだ。

このまま財政再建路線を推し進められたら、たまったもんじゃない!

財政再建なのか、財政出動なのか、ここは議論があるところで、総裁選では上げ潮派も含めて論争してほしいところだけど、

オイラは今この時期に財政再建ではないと思う。橋龍の二の舞だけは御免だ。バラマキだろうと物価高を抑制するためには動くべきだろう。

それにしても、自民党は何もわかってない。麻生太郎も、小池百合子も、与謝野馨も、みんなNOなのだ!

もはや自民党がNOなのだ!

『自民党、解散!』って言ってくれた方がよっぽどスッキリするのだが。

もちろん、自民党の総裁選は民主党の無投票選よりも明らかに面白くなる。民主党の話題は、姫の反乱未遂騒動で打ち止め状態。対決軸を失った小沢民主党は世間にうったえるものがなにもない。メディアを席巻する自民党総裁選を批判するしかない。

つまり、福田首相の辞任劇は、民主党の存在を消し去る為には効果大なのだ!

自民党は何でもする。皆で掛けたハシゴを皆で蹴り倒す。そんな政党なのだ。

『あなたとは違う。』

なんとも器の小さい首相ではないか。この人を自民党挙げて担いでいたのだ!

それでもまだ自民党なのか…。

|

« 国技館と武道館 極私的8月31日(日) | トップページ | 混沌の総裁選と厄介者のハンコック 極私的9月6日(土) »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/42380627

この記事へのトラックバック一覧です: 福田首相の辞任について:

« 国技館と武道館 極私的8月31日(日) | トップページ | 混沌の総裁選と厄介者のハンコック 極私的9月6日(土) »