« マッサ、不覚のノックアウト! | トップページ | ゲリラ雨にも負けず、無敵ブラウン! »

2009年4月 5日 (日)

IWGPチャンピオン、宇宙へ!

新日・両国国技館『Resolution'09』観戦記

IWGPチャンピオン、宇宙へ!

日本のエース、現IWGPヘビー級チャンピオンの棚橋弘至と、

世界のエース、五輪ゴールドメダリストのカート・アングルが、

両国国技館のリングで対決する。

この2人の対決は、プロレス版『WBC』ワールド・プロレス・クラシックなのだ!

カート・アングルはこの試合のために、かなり体を絞ってきたようで、動きの素早さで棚橋を圧倒。

対する王者・棚橋も、毎朝、太陽に向かって走っていたと公言するだけに、ちょっぴり日焼けして絞れた体付き。色男ぶりとスリングブレイドの威力に磨きをかけた。

その切れ味抜群のスリングブレイドをアングルに叩き込むと、アングルは悶絶。

そんな進化した棚橋弘至も、世界最強レスラーを前にすると大苦戦してしまう。何度もマットに叩きつけられ、アンクルロックを長時間くらってしまう…。

一時期、フィニッシュホールドにしていたテキサスクローバーホールドでさえアンクルロックで返されてしまう。

しかし見せ場を“もってる”棚橋はハイフライフローを狙ってコーナーポストに駆けあがると、向かってきたアングルにダイビングボディーアタックを浴びせてマットに叩きつける。勝機は訪れた!

今度こそ必殺ハイフライフローの発射だ!

精度抜群のハイフライ弾は寸分の狂いなく大命中する。しかしフォールにはいかず、再度、ハイフライフローを発射したのだ。

そんなハイフライスターは世界のエースから3カウントを奪うと、そのまま大気圏を突破し、戦いの場を宇宙へと求めたのだった。

王者の公約『世界のエースになる』は早くも達成された!

IWGPヘビー級選手権

○棚橋弘至 vs カート・アングル●

【IWGPジュニアヘビー級選手権/ベルト・コントラ・マスカラ】

○タイガーマスク vs ブラックタイガー●

【Bolt from the blue / チェーンデスマッチ】

●永田裕志 vs 飯塚高史○

【The end of discord】

○中邑真輔 vs 真壁刀義●

【HUGE RIOT / IWGP挑戦権?】

○後藤洋央紀 vs 矢野通●

【Big comeback WILD HEAT】

●大森隆男&中西学
vs
ジャイアント・バーナード&○カール・アンダーソン

【IWGPジュニアタッグ選手権】

○クリス・セイビン&アレックス・シェリー
vs
田口隆祐&●プリンス・デヴィット

|

« マッサ、不覚のノックアウト! | トップページ | ゲリラ雨にも負けず、無敵ブラウン! »

プロレス観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/44578860

この記事へのトラックバック一覧です: IWGPチャンピオン、宇宙へ!:

» 通信講座で役立つ資格を [通信講座で役立つ資格を]
通信講座で役立つ資格を [続きを読む]

受信: 2009年4月 6日 (月) 01時47分

« マッサ、不覚のノックアウト! | トップページ | ゲリラ雨にも負けず、無敵ブラウン! »