« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月27日 (水)

WBCフライ&DREAM9について

昨夜、TBSで格闘技2大中継が放送された。

19時55分からボクシングWBC世界フライ級戦、

『内藤大助 vs 熊朝忠(中国)』戦、

21時30分から総合格闘技、

『DREAM9』の2大会。

これをゴールデンタイムぶっ通しでTBSが放送したのだ。もちろん、オイラも3時間テレビに食い付いた。

テレビ中継を見てオイラなりの感想を述べると、

ボクシングはかなりハラハラさせられた。これは誰もがそうだったんじゃないかな。特に戦前は内藤楽勝ムードが漂っていただけにね。TBSなんか、早期KO劇も視野に入れてロングのVTRを制作していたとか。

それがどうだ!? 内藤の顔面は血だらけ、口から血を吐き、ダウンを喫してしまっている。

クリンチで何度もピンチを脱出するという想定外の光景の連続には、観ている方もヒヤヒヤの連続。

でも、大苦戦後のマイクは泣かせるね。あのへんが内藤なんだろうな!

『この1試合のためだけに高額なチケットを…』ってとこから始まって、『しょっぱい試合をしてすみませんでした』と頭を下げる。

なるほど、完全に観客のため、ファンのために試合をしているということだな。強くて完璧な自分を見せたい、と。

でも、ファンがハラハラする試合、カネを払ってでも観たいという試合は、昨日みたいな試合なんだよなぁ!

ふーん、内藤は34歳か。ボクサーとしてはとっくにピークを過ぎている年齢じゃないの。それでもマイクを聞いていると、まだ自分には“のびしろ”があると言っているように聞こえてくるから不思議だ。

そういえば戦前のハプニングは何だったのだろうか?

この試合は本来、中国で開催される予定だった。それがプロモーターの何らかの事情によって、急遽、東京・ディファ有明に変更されたのだ。試合は世界戦のみの1試合。観客は917人だという…。

これは完全な赤字興行だし、きっと内藤にも相当なプレッシャーがかかっていたことだろうに。

なに? 視聴率が20%超え!?

なんだよ、TBSがひとり勝ちしたってことじゃん。

続いてDREAM。こちらはイマイチのオンパレードで、こっちのほうが“しょっぱい”って感じ。

まず、TBSの放送の仕方というか、変なアニメはいらないし。女子アナの試合前のレポートはホントにいらない!

オイラなんか、真剣勝負の世界の裏側を中継してどうすんの?って思ってしまうもの。ひどい時には、選手がリラックスするためにしているトランプ遊びを放送してしまう。まして、男世界に紅一点は必要なしだ!

そんな放送時間があるのなら、選手の入場からキッチリ放送してほしい。それに、なぜ、カンセコの入場シーンがないのか?

1番見たいシーンだよね。逆にボブ・サップの入場シーンなんて見飽きているのでどうでもいい。

そのボブ・サップと対戦したミノワマン。彼のどこがリアル・プロレスラーなのか?

観客や視聴者を説得させるのがプロレスラーだよ。あんな、よくわからない不恰好な足関節でタップとられても説得力がないよ!

それに関節の入り方、美しさが総合格闘技の魅力でしょ。それが何もなかったじゃない。

まぁ、ボブ・サップに総合やらせる主催者に問題ありだな。いつかの藤田戦でボブ・サップは終わっているのに。

ただ、所英男 vs エイブル・カラム戦だけはシビレタ!

『えっ、ウソだろ?』って何度も連呼しちゃったもの。

それ以外の試合で満足できる試合は特になかった。スーパーハルクトーナメントも、カンセコが敗れた今となっては、興味持てないんじゃない?

それとも、まだ隠しネタがあるのかな?

オイラには、今後のDREAMの展望がみえてこない。そんな興行に思えた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月24日 (日)

大相撲夏場所と花園神社 極私的5.24

5月24日(日)

やっぱり大相撲は朝青龍が主役なんだなぁ!

白鵬が優勝を逃し、連勝がストップしようと、大関・日馬富士が初優勝しようと、オイラにはやっぱり朝青龍が主役なんだなぁ…って思ってしまう。

昨日の日馬富士戦で負けた後、しばらくうずくまったまま動かない。こんな朝青龍の姿を見せられては感情移入してしまうだろう。

今日の千秋楽にしても、朝青龍のチカラがあれば3敗はふつうしない。ただ自分が白鵬戦に負ければ優勝決定戦になるということ。

別に無気力うんぬんのことを言っているわけではない。興行が盛り上がることを朝青龍は知っているだけなのだ。

そういえば夏場所前、朝青龍が稽古をサボってゴルフコンペに出席していたという記事が1面を飾っていたっけ。

もし、この記事がなければ、世間は夏場所が始まることさえ知らずにいただろうに。

しかも、鶴竜に危うく負けそうになるあたりはサスガと言わざるをえない。

それでもまだ横綱の品格というのなら、横綱に麻薬のことを質問するマスコミをまず批判すべきだ!

さて、今日オイラは、新宿の『花園神社例大祭』を見物してきた。

大相撲夏場所と花園神社  5.24

丸井の前を神輿が通り過ぎるあたりは必見だね。

露店からは芳ばしいニオイが漂っている。もうこの食欲を我慢することはできましぇん!

つい、『チキンステーキ』の列に並んでしまう。

タレと塩こしょうを選べる。でも、やっぱり塩こしょうでしょうよ。パリパリの皮に、ふっくらした肉。これを塩こしょう風味で頬張る。美味すぎます!

そういえば、お昼はサイゼリヤで『若鶏のチキン』を食べたんだっけ。こっちはディアボラペーストがたっぷりチキンの上にのっかっている。サイゼリヤのメニューの中で、これだけは美味い!

ちなみに“ディアボラ”とは“子悪魔”という意味。

さて、これからF1モナコGPを見るぞ!

見所は、スタートだ!

1―3スタートのブラウン勢の間に割って入ったフェラーリのライコネンが、KERSスタートで1コーナーを制することができるのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

民主代表選と三社祭 極私的5.17

5月17日(日)

今週1番のニュースといえば『小沢一郎代表、辞任!』だろう。

11日(月)になって突如舞い込んできた辞任のニュースのようにもみえるが、これは党首討論の予定があった13日を前に辞任することで党首討論を回避する計画的逃げの戦術でしかない。だから驚くほどのニュースではなかったのだ。

それに、辞任理由を“西松献金問題”ではなく『挙党一致』を理由に挙げていたが、やはり党内の結束がバラバラで、小沢代表では縛り付けができなくなったのだろう。

さらに言えば、小沢さんは、今、代表に居座り続けなくても、いずれは“内閣総理大臣”になれる、と踏んでいるのだ。

国民側から見ても、これで間近に迫った総選挙で票に“民主党”と書きやすくなったのも事実だ。どうみても小沢氏が西松問題の説明責任を果たしたとは思えないから。それに、もはや自民党政権では何も変わらないし、何も解決しないということを国民はわかっているのだ。だから新代表が、数の鳩山由紀夫だろうと、人気の岡田克也であろうと関係ない。民主党が勝つ。ただし、今回の民主党代表選を端から見ていると、やっぱり民主党も村社会なんだなぁ…と。

さて、今日オイラは浅草でおこなわれている『三社祭』へ行ってきた。

民主代表選と三社祭 極私的5.17

今年の三社祭は、本社神輿が宮出しされるとあって、昨年以上に活気があったな!

なんせ、機動隊の収容車が何台もあちこちにあったからさ!

浅草

やっぱ、祭りの賑わいはいいなぁ、露店で買ったチキンステーキを通行止めになった道路のド真ん中で食べれるしね。ビールも美味い!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

跳ね馬とシルバー帝国の今は…

ブラウンの独走は止まらない…

わすが5週間で4レースを行なったアジアラウンドを、圧倒的な強さで3勝を挙げたブラウン&バトンの勢いは欧州ラウンドの初戦スペインGPでも止まらない。

ニューパーツを導入して地位奪還を目論んだ名門チームを尻目に、アジアを制したブラウンGPのジェンソン・バトンがスペインでも独走の今季4勝目を挙げたのだ!

イッタイ、誰がストップ・ザ・B&Bとなるのか?

対する旧2強、マクラーレンとフェラーリは欧州ラウンドにきてもダメダメ。まずはチャンピオンマシンのフェラーリはというと、

跳ね馬とシルバー帝国の今は…

元王者のライコネンはチームの作戦ミスによって、予選Q1で無残な敗退。当然のように決勝ではトップ争いに加われず、マシントラブルでリタイヤ。完全なる凡ミスだ。

一瞬王者のマッサの方はレースの終盤でまさかのガス欠。レースどころか、ただ燃費を抑えるだけのデモ走行レベルに。こりゃ、しばらくはダメだな!

思い起こせば開幕戦、チームの作戦ミスによってマッサが予選Q1でノックアウトされるという失態を演じているのだ。これほどの屈辱感をフェラーリ陣営は忘れてしまったのだろうか?

しかも第2戦のマレーシアでは、イチかバチか、博打的とも言うべきレインタイヤの装着。こんな稚拙な作戦を名門フェラーリチームがやっているのだ。

もっと言うと、昨季の給油ホース引きずり事件からフェラーリは終わっていたのかも。

ワールドチャンプを生んだマクラーレン・メルセデスはというと、

まもなくF1<br />
 日本GPが開幕します1

王者ハミルトンがまさかの周回遅れに。コバライネンのほうは今季まともなレースを1回もしていない。

こっちは改善点がわからないだけにフェラーリ以上に深刻な状況だ。

ただし、旧2強にはKERSという諸刃の剣ともいえる強力な武器がある。

この武器が輝きだしたとき、2強は必ずや復活する!

第5戦スペインGP決勝
優勝バトン(ブラウンGP)41点
2位バリチェロ(ブラウンGP)27点
3位ウェーバー(レッドブル)15.5点
4位ベッテル(レッドブル)23点
5位アロンソ(ルノー)9点
6位マッサ(フェラーリ)3点
7位ハイドフェルト(BMW)6点
8位ロズベルグ(ウィリアムズ)4.5点

第4戦バーレーンGP決勝
優勝バトン(ブラウンGP)31点
2位ベッテル(レッドブル)18点
3位トゥルーリ(トヨタ)14.5点
4位ハミルトン(マクラーレン)9点
5位バリチェロ(ブラウンGP)19点
6位ライコネン(フェラーリ)3点
7位グロック(トヨタ)12点
8位アロンソ(ルノー)5点

リタイア中嶋一貴(ウィリアムズ)0点

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

GW5日目 神様の漢字 極私的5.6

5月6日(水)
あーぁ、今日も雨か…。

晴れれば出掛けるつもりだったけど、やーめた。

でも、たった5日間のゴールデンウィークだったけど、なんか休みをもてあましちゃったな。

オレって、つくづく計画性がない…。

あれ? 今日って6日? 何の日の祭日なんだ!?

うーん、まあ、どうでもいいか。

明日から仕事だし、余計なことは考えずに読書しようっと。

最近読み始めた本に、『神様がくれた漢字たち』(山本文也著・白川静監修/理論社)という本があって、これがとても面白くて、話のネタにも使えるというスグレモノ!

GW5日目 神様の漢字 私的5.6

まず、この本は、漢字の世界は星座と一緒だと述べている。

ひとつひとつの星が石の塊であっても、それらを結び付けることによって星座となる。その星座に素敵な物語をつけくわえることで星々に命が吹き込まれる。それは漢字の世界も同じだという。

だからといって、漢字の成り立ちについて空想論を述べているわけではない。

恐ろしいことも書いてあって、例えば、『民』という漢字。この字は、目に矢が突き刺さった姿を想像して作られたそうで…。

要は、民衆はモノ事を見たり考えたりするな、って事だ。そもそも、人というのは、支え合った姿ではなく、奴隷として、生け贄として、扱われた人間の姿をあらわした字なんだって!

もっとも衝撃的だったのが、漢字の『口』という形について。

“可”“名”“右”“歌”“鳴”など、口がつく漢字はたくさんある。

こういった漢字の成り立ちを説明するために、『口(さい)の物語』という章をつくって1つひとつ説明しています。

この章は読む価値あり!です。

GWは終わった…。5月病にならぬようにせねば、ね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

GW4日目 後楽園ホール 極私的5.5

5月5日(火)
今日オイラは、後楽園ホールで行われる新日本プロレスの興行を見に行く。

GW4日目 後楽園ホール私的5.5

いよいよ今日の後楽園興行からプロレスリング・ノアとの対抗戦が本格化しそうなのだ!

対抗戦は全7試合中2試合ある。そのうち1試合に現IWGP王者・棚橋弘至が登場するのだ。

あぁ、これは楽しみだなぁ!

試合開始は18時半からなので、その前にJR水道橋駅からすぐの所にある『鳥元』で食事をした。

ここは、その名のとおり、手羽と焼き鳥が美味い!

それに、しいたけ肉詰も最高に美味い。ひと口食べると肉汁としいたけ汁がジュワーっと口の中にひろがって、これが堪らなく美味いのだ。あつあつの厚揚げ豆腐もいける!

さて、時間がきたので後楽園ホールへ。青いビルのエレベーターに乗って5階で降りると後楽園ホールの入り口がある。すでに人がいっぱい、チケットは売り切れ!

大会パンフレットも売り切れたという。オイラは前売り券を買っていたがパンフレットは買えずじまいだった。

会場は超満員、2階の立ち見スペースも人でいっぱい。やっぱりノア効果があるのかなぁ!

出場予定だったルチャー戦士・ミスティコ選手が新型ウイルスの影響で来日不可になった。ミスティコの重力を感じさせない空中戦、見たかったな…。

さて、対抗戦がはじまった。

対抗戦第1試合は、
新日の野武士こと後藤洋央紀が若獅子・岡田かずちかを率いて、ノアの特効隊長こと杉浦貴青木篤志とタッグ対決。

ゴングと同時に後藤と杉浦がバチバチとやりあう。観客も大爆発だ!

岡田と青木も凄まじいぶつかりあい。だから殺気漂う対抗戦は面白いな!

最後は杉浦が岡田を仕留めてノア勝利。新日ファンにとっては悔しい結果だった訳だけど、試合内容には大満足です。

メインイベント、対抗戦第2試合は、
現IWGP王者・棚橋弘至がアニキこと金本浩二と組み、元GHC王者・森嶋猛がDDTの飯伏幸太と組んだタッグマッチ。

こちらは森嶋の瞬発的なパワーと飯伏の華麗な空中殺法に新日為す術なし…。

棚橋もスリングブレイドを何度も森嶋に決めて戦況を変えようとするが、最後は森嶋の強烈な体当たりで金本撃沈…。

新日2連敗、悔しいなぁ…。

試合終了は9時、ホールを出ても雨は止まず。肩を落としながら後楽園のブリッジを渡る。そのまま、『坐・和民』水道橋店へ。

もう飲むしかない。ここで発見、『牛つくね』がめちゃくちゃ美味いのだ!

とろとろの卵の黄身が牛つくねの上にかかっていて、それをネギと一緒に口にブッ込む。そしてコテコテの肉汁をビールで流し込めばもう最高!

あーぁ、今日はカロリー過多だな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

新日、ノアに連敗!

新日・後楽園ホール『Divergence』観戦記

新日、ノアに連敗!

http://fight-club.cocolog-nifty.com/noglog/2009/05/gw55-f6b0.html

新日vsノア Battle intentions2

棚橋弘至&●金本浩二 vs ○森嶋猛&飯伏幸太

新日vsノア Battle intentions1

後藤洋央紀&●岡田かずちか vs ○杉浦貴&青木篤志

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW3日目 赤壁の戦 極私的5.4

5月4日(月)

ひさびさに映画を見ることにした。なんか無性に娯楽映画が見たくなったのだ。

よし、今日は『レッドクリフ PART2』にしようっと。

で、前作ってどこで終わったんだっけ?記憶を呼び起こしながら映画館へ。

ふーん、前作と違って女性がクローズアップされている。周瑜の妻『小喬』と、孫権の妹『尚香』の2人の女性。とても美しく魅力的。それだけで、この映画を見た甲斐があるってもんだ。

もはや、“5万vs80万”の戦いなんてどうでもよくて、オイラの視点は小喬と尚香の行動と、君主・曹操の統率力。特に今作は、周瑜や孔明よりも魅力的に曹操が描かれていたんじゃない。リーダーとしての迫力があった!

あぁ、面白かった。でも、さすがに2時間半の映画はお腹が減る。

映画を見たTOHOシネマズ市川に隣接する市川コルトンプラザが新装オープンされている。

GW3日目 赤壁の戦 極私的5.4

さっそくレストラン街へ行ってみる。うん、“味噌汁や”という店がある。味噌汁メイン?

和食メニューが充実しているけど、オイラはマーボー茄子定食にしようっと。うん、さすが和食屋さん、ご飯がほかほかで美味い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

GW2日目 エイサー 極私的5.3

5月3日(日)憲法記念日

忌野清志郎が死んだ

スポーツ新聞の1面にこう書かれていた。

えっ、ウソだろぉ…!?って思いながら、しばらく放心状態に。

オイラは『ヒッピーに捧ぐ』を昔よく聴いていたんだよなぁ、ヒッピーに捧ぐは死んだ友への別れの歌なんだけど、今日1日中、そのヒッピーの歌が頭の中で流れていた…。

あぁ、何か、むなしいよ。ホントむなしい。権力を歌でブッタ斬った人がこの世からまた1人去ってしまうのだからさ。

さて、今日オイラは川崎のチッタデッラで開催されている『はいさいFESTA』へ行ってきた。

いたるところで、三味線の音色や、沖縄太鼓の鼓動、口笛の甲高い音が響きまくっている。まさに沖縄サウンド、沖縄って陽気だなぁ!

屋外広場ピアッツァチッタには屋台がズラリと並んでいる。ソーキそばに、沖縄やきそば…。あぁ、ヨダレが出そうだよ。

オイラはオリオンビールと沖縄やきそばを注文!

ソースやきそばの上にゴーヤチャンプルがたっぷりのっている。う、うまい!

うわぁ、泡盛まであるじゃん!

ふーん、エイサーの実演もあるのかぁ。スケジュール表を見ると、

“チャンプラーズwith若風エイサー隊”と書いてある。

GW2日目 エイサー 極私的5.3

深夜、レンタルしてきたDVD『WALL・E(ウォーリー)』を見た。

感想は別にないけど、あのゴキブリが最後まで嫌だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

GW1日目 テレビ生活 極私的5.2

5月2日(土)
やっとオイラにとってのゴールデンウィークが始まった。今日からたったの5日間なんですが…。

世間では16連休なんていう景気が良いのか悪いのかわからないような大型連休があるみたいだけど、せめて丸1週間ぐらいの休みはほしいよな!

そんなGW初日のオイラは、完全にインドア。家に引きこもってしまった。

何をしていたかと言うと、

昨晩レンタルしてきた『プリズン・ブレイク4 ファイナル・シーズン』の1巻〜3巻と、

キン肉マン キン肉星王位争奪編シリーズ』のDVDを見ていたのである。

『プリズン・ブレイク4』の出演者は前作までとほとんど同じメンツ。スコフィールドとゆかいな仲間たちみたいな!?

でも、前作同様、あの緊張感がたまらなくいいね。気づいたら6話分をノンストップで見てしまったもん!

今作は闇の組織と対決するみたいで、“番人”と呼ばれる各業界のボスキャラたちが持つ『スキュラ』というメモリーカード内の秘密情報をコピーして集めていくという展開。

スキュラのコピー中に邪魔者が入ってきたりしてさ、ハラハラドキドキたまらないね!

でも、前作で死んだはずのサラがスコフィールドの前に現われたときには、さすがにズッコケそうになったな。

次に『キン肉マン』の視聴開始。『キン肉マン』はオイラが小学生の時に少年ジャンプで連載されていて、毎週欠かさず読んでいたっけね。日曜の朝に放送してたアニメも見ていたし。でも、王位争奪編は記憶にないなぁ。超人タッグトーナメント編までは強烈に覚えているんだけどな…。

えっ!? キン肉すぐるには兄がいたのかぁ!?
いまさらビックリしているオイラです。

ふーん、大仁田厚みたいなサブキャラもいたんだぁ!?

そういえば、大晦日のダイナマイトにキン肉万太郎が出場していたけど、なんかガッカリな風貌だったな。

夕方、ひさひざにテレビでプロ野球を見た。伝統の一戦『阪神×巨人』戦だ。

ふーん、デーゲームなんだぁ!?

そういえば今年になって、プロ野球をじっくり見たのは初めてかもしれない。開幕2敗1分けだった巨人が首位なんだよね。

GW1日目 テレビ生活 私的5.2

試合を決めたのは坂本。昨年、原監督が使い続けた坂本が2ホーマーの大活躍!

やっぱ、野球って面白いなぁ!
もっと見ないとダメだな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »