« 三沢光晴さん、リング上で死亡… | トップページ | キングの悲報と紫陽花 極私的6.14 »

2009年6月14日 (日)

鳩山邦夫総務相の辞任について

『かんぽの宿』売却問題から始まった鳩山総務相と西川日本郵政社長との対立は、鳩山総務相の辞任という結末で幕を下ろした。

事実上は麻生総理が更迭したようなものだろう。

この一連の騒動をオイラなりに感想を述べると、

これが自民党のくだらないパワー政治なんだな、と。

だいたい、どうして西川日本郵政社長が続投しないと郵政改革は逆行するのか?

その論法がまずわからない。

変に勘ぐると、西川社長でないと完全民営化のスケジュールが狂ってしまう。それは困る。さらには、民主党政権になる前に西川社長を留任したい。そうすれば何らかの利権がある、となってしまう。

だから留任に反対するものを抵抗勢力にしてしまおう、と。

だって、小泉支持者たちが言う『民間企業に介入するな』っていう言葉は、形を変えた“抵抗勢力”という言葉と同義でしょ。つまりは鳩山総務相は抵抗勢力なんだと言いたいのだ。

でも、これには全く理がなく、小泉改革の本道を忘れてしまっている。

まして、民営形態に鳩山総務相が反対しているわけではないし、いくら日本郵政が株式会社であっても、その株式は現在、政府が100%所有しているわけで、そこらの民間企業とは訳が違うのだ。

それに、日本郵政の株式が不適正に売却されそうな事態を阻止しようとすることや、かんぽの宿が不適正な値段でオリックス不動産に売却されそうな事態を阻止しようとすることは、株主権利だ。

郵政株もかんぽの宿も100%国のものであり、100%国民の財産なのだから。

もっと言えば、メリルリンチ日本法人に6億円もの助言料を日本郵政が払ったというが、これを追求するのも株主としては当たり前、経営責任を問うのも当たり前だ。

ただし、鳩山総務相も麻生首相の政治判断を読み誤ったふしもある。そしてついには、正義だの友愛だのと意味不明な捨て台詞を吐いてしまう。このへんが信用できないところなのだ。

でも、最終的に辞めるべきは麻生首相の方だろう。

麻生首相は『私は民営化に反対だったんです!』と、はっきりとおっしゃった。

これは重大な公約違反ではないか!

それに『解散よりも景気回復が優先する』とおっしゃっているが、株価が1万円を回復したことで解散条件は整っている。

内閣不一致うんぬんの前に、早く解散して、小泉呪縛から解き放なたれたほうがよいのでは?

|

« 三沢光晴さん、リング上で死亡… | トップページ | キングの悲報と紫陽花 極私的6.14 »

コメント

ひとこと経済人の普通の感覚からいわせてもらえれば、鳩山前総務相は、ほとんど「総会屋」の行動と変わらないものです。手続き的な小さな瑕疵をあげつらって、延々と質問を繰り返し、なにを説明しても「納得できない!社長退陣!」と気勢を上げる。たちが悪いのが、それが監督権限を100%もっている。そんな総会屋さんに対して、経営側がどんな手が打てるか?ひたすらご退場いただくのを待つしかないと思います。鳩山氏のパフォーマンスは、郵便料金不正に係わっていた自分の前の秘書たちに世間の目を向けさせないためのパフォーマンスで、それがもうフタしきれなくなったので麻生総理が引導渡した、というのが実態であると思います。厚労省ルートの追及の展開(民主党牧議員まで行くか?)を見守っています。

投稿: kanpo | 2009年6月14日 (日) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山邦夫総務相の辞任について:

« 三沢光晴さん、リング上で死亡… | トップページ | キングの悲報と紫陽花 極私的6.14 »