« 極私的3.13-14 上野へ | トップページ | 極私的4.3 芦原温泉の旅 »

2010年3月22日 (月)

映画『ハート・ロッカー』について

映画『ハート・ロッカー』を観てきた。

『ハート・ロッカー』は、本年度のアカデミー賞で作品賞や監督賞など6部門を獲得している。やっぱりどんなものなのか興味があるよね。あのアバターをぶっちぎったのだから。

映画の舞台は2004年のイラク。そこで爆弾の処理を行なう米兵たちの物語だ。

映画が始まると、さっそく息苦しいほどの緊張感に包まれます。常に死と隣り合わせだということを思い知らされる。そんな展開が延々と続くのです。

感想はというと、

やっぱり本物は死なないんだなって。本物というのは常人じゃない人のことだけど、例えばレクター博士やジョン・クレイマー、それにジョーカー。死という概念を持たない男は映画の世界では最強なのだ。

同じように、ジェームズ二等軍曹もそう。なにもかもが至福のゲームなのだ。ただ残念なのが、ジェームズの外見が普通過ぎるのだ。もっと言えば、人間爆弾にされた男に対して、ジェームズが発した言葉や行動が普通過ぎてつまらかった。

このシーンで、築き上げたすべての緊張感を台無しにしてしまったように思うし、ジェームズを普通の男にしてしまったように思う。すごく映画として残念だなぁ…。

アカデミー賞の作品賞受賞レベルの映画ではあったけど、監督賞ってのは疑問あり!

やっぱりアカデミー賞ってのは純粋な映画の内容を審査するものではないんだなぁ…。

|

« 極私的3.13-14 上野へ | トップページ | 極私的4.3 芦原温泉の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/47880871

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ハート・ロッカー』について:

« 極私的3.13-14 上野へ | トップページ | 極私的4.3 芦原温泉の旅 »