2009年2月 7日 (土)

琢磨に吉報届かず

佐藤琢磨、シート得られず…

イタリアの赤い牛、スクーデリア・トロロッソチーム(STR)は、セバスチャン・ブルデーの続投を発表した!

琢磨に吉報届かず

最後の一席を巡ってブルデーと争っていた佐藤琢磨は、これで今季のF1活動が絶望的に…。

うーん、STRの決定はまったく理解できないものだな!?

ホントに1勝を挙げた急成長チームなのかと疑いたくもなる。

まして、マシン特性に合わないブルデーを残留させることに、いったい何があるのか?

もしSTRに、“1勝では我慢できない!”という気概があるのであれば、

もしSTRに、“何がなんでもトップチームへ!”という気概があるのであれば、

勝てるドライバー、経験豊富で開発力のあるドライバーをシートに座らせるだろう。

まして今季はレギュレーションの大改正があって、マシンの形状が大きく変わり、シーズン中のテスト走行が禁止される。

さもあらば、真っ先にレースドライバーを決めて、今季型マシンの開発と情報収集を進めるべきであろう。ましてホンダチームの売却交渉を見定めている暇なんてないはずなのだ。

やっぱり、トロロッソというチームは、レッドブルの第2チームでしかないのかな…。

それはさておき、

琢磨にはイタリアの風がよく似合うと思っていたから、今回のことはとても残念だなぁ…。

日本人F1ドライバーがイタリアのチームに在席して、ホンダやトヨタのサポートなくして、フェラーリエンジンを背負う。

こんな歴史的な快挙が幻に終わってしまったことをホントに残念に思う。

だけども、佐藤琢磨がまだまだF1現役ドライバーであることは、3回のテストドライブで証明されている!

だから、これだけは言いたい。

我らの琢磨は、1流のF1レースドライバーだぞ!
金を払ってF1に乗せてもらう必要はまったくない!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

ホンダ撤退について

ホンダ撤退について

ホンダの夢、ボクらの夢は潰えた…。

ストーブリーグに突入したF1界に衝撃が走った!

なんとも世界のホンダがF1レースから完全に撤退するというのだ。まさに突然の撤退宣言である!

ほんの数日前にはホンダ主催のイベントがツインリンク茂木であって、来季のドライバー契約を結んでいるジェンソン・バトンがRA108を走らせ、来季の抱負も語っている。

アイルトン・セナの甥であるブルーノ・セナをテスト起用したばかりでもある。

それなのに、なぜこんな突然に!?と驚くばかりだ。

福井社長は会見で『金融危機による経営の悪化』を撤退理由にした。

確かにホンダは、2009年3月期の業績予想を下方修正している。売上げで5300億円も低く見積もらないといけないのだから、事態は最悪だ。

そんなときに、年間400億円とも500億円ともいわれるチーム運営費を計上すれば、当然に経営は危機的に圧迫される。

だが、『株主を説得できない』という言葉は見過ごせない。

ホンダは広告で“DREAM”“夢”という言葉をよく使う。スポンサーロゴを廃したアースカラーのマシンにも“earth dreams”というメッセージをプリントしている。

それなら株主にもF1という夢を語ってほしい。F1で得た地位や名誉は必ず本業に跳ね返ってくるのだから。株主だって、レーシングスピリットという見えない価値を評価しているのだ。

それに、ホンダファンなら誰しも、金融危機を理由にしてほしくなかったと思うな。

なんといっても、ここ2年のホンダの成績は見ていられないほどヒドイものだった。今季は予選でフォース・インディアというプライベートチームと最下位を争い、07年シーズンは第2チームのスーパーアグリ・ホンダにポイントで負けそうになったのだ。

ここに撤退理由があるのではないのか?

でも、ホンダにはたくさんの喜びも貰った。06年のハンガリーでは、ポディウムに君が代が流れた。

あの時は日本人として誇らしかったなぁ…。

第2期のエンジンサプライヤー時代には、16戦15勝という無敵のエンジンを供給した!

アイルトン・セナを3度の王者に育て上げて、まさにホンダサウンドが世界を席巻したのだ。

これで一気にF1ブームが日本中を包み込み、そして、惜しまれつつホンダはF1から卒業した。

ホンダに思い入れの強いセナは、涙を流しながら『ありがとう』という字を書いているのだ!

第3期の撤退はそのときと状況が違うようだ。

09年シーズンはレギュレーションが大幅に変更される。この変更には批判もあるが、ファンとしては楽しみでもある。

でも、その舞台にHONDAという文字が消えてしまうことは残念だし、なんか悲しい…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

ハミ、ワールドチャンピオン獲得!

すごい…。シビレタのひとこと。

F1って、ホントに面白いですね!

ファイナルラップの最終コーナーで、なんて事が起こっちゃうんだ!?

って感じで、また1つF1界に名シーンが誕生した!

とにかく、ルイス・ハミルトンには、おめでとう!と言おう。

昨年、1ポイントに泣いた男が、今年は1ポイントに笑った。

昨年、インテルラゴスで泣いた男が、今年はインテルラゴスで笑った。

まるでヒューマンドラマを見ているようだ。また気まぐれな雨がすばらしい演出をするんだよな。

アイルトン・セナは、母国ブラジルで初優勝したとき、スコールが降りだしたファイナルラップで神の存在を確かに感じることができた。

そのセナを慕うハミルトンは、王座が転がり込んできたファイナルラップの、あの最終コーナーで何かを感じることができたのだろうか?

きっと王座を手にした王者にしか、わからない世界があったんだろうな。

なんせ、残り3周で手からこぼれ落ちた王座が、ファイナルラップの最終コーナーで戻ってきたんだもん。もはや普通じゃないよ…。

シンジラレナイ!

まもなくF1<br />
 日本GPが開幕します1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

決戦は最終戦へ!

ハミルトンの完封勝利で中国GPが終わった。

ランク2位のマッサが2位に入ったので、王座争いは最終戦のブラジルGPへと持ち越す。残るは、あと1戦。インテルラゴスですべてが決っする!

ただ、王座争いといっても、マッサが総合Vを獲るためには、ブラジルで優勝するか2位に入ることが絶対条件!

それプラス、ハミルトンが6位以下という厳しい条件がつく。

だから、今回、疑惑のアシストでポイント的にかなり救われたマッサ。順位を譲ってくれたライコネンには感謝しないとね。

ただ、フェラーリは大胆だな。なぜかチームオーダー規制には抵触しなかったフェラーリ勢だけど、あんなに分かりやすく順位を入れ換えなくても…。形だけの同部屋バトルぐらいは見せてほしかったかな。

無気力レースは見ていて良い感じがしないもん。

決戦は最終戦へ!

でも、そうさせてしまうマクラーレンにも責任がある。

本来であれば、コバライネンがフェラーリ2台の間に割って入るような展開がほしいのに、コバライネンがまったく戦力になってない。

2対2の構図にならないのがマクラーレンの悩みの種でもあり、ハミルトンのポイントが伸び悩む要因のひとつでもある。

そのポイントだけど、17戦の中で5勝しているハミルトンのポイント数が94というのは、あまりにも少なすぎる。FIAの理不尽なペナルティーが原因とも言えるけど、

ピットレーンでライコネンに追突したカナダGPや、無鉄砲に1コーナーに突っ込んだ日本GP。特に今季の中盤戦あたりのハミルトンにはレースセンスが感じられなかったのも事実。闘争心という言葉では片付けられない。

それ以上に御粗末だったのがフェラーリなんだけどね…。

第17戦中国GP決勝
優勝ハミルトン(マクラーレン)94
2位マッサ(フェラーリ)87
3位ライコネン(フェラーリ)69
4位アロンソ(ルノー)53
5位ハイドフェルド(BMW)60
6位クビツァ(BMW)75
7位グロック(トヨタ)22
8位ピケJr(ルノー)19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

波乱の富士、アロンソだけが輝いた!

期待していた銀組vs赤組、2対2のガチンコバトルが見れなくて残念だ…。

ハミルトンはスタートに失敗し、フェラーリ2台とチームメイトの走行ラインを塞ぎながら1コーナーでコースオフ。2周目には、マッサと接触して緊急のピットイン。これで事実上、優勝争いから脱落してしまう。

さらには、スタート直後の走行が危険運転と裁定されてドライブスルーペナルティーを受けてしまう。これでポイント獲得も絶望的に…。

そのハミルトンを7ポイント差で追うマッサは、2周目のダンロップコーナーでブレーキングミスを侵し、続く11コーナーでハミと接触。これが審議の対象となってドライブスルーペナルティーに。優勝争いから脱落する。

その後もトロロッソのブルデーと接触して8位入賞がやっと。しかも、この接触もレース後の継続審議になっている。

コバライネンはエンジンブロー、ライコネンは結局クビツァを抜けず。

我らの中嶋一貴も、スタート直後の2コーナーで今季で引退を表明しているデビッド・クルサードと接触して最後尾に転落。日本ラストランのクルサードはマシンが大破してリタイアに。

波乱の富士、アロンソだけが輝いた!

じっくりとクルサードのラストランが見たかったなぁ…。

なんとも後味の悪いレースだった。

ただやはり、さすが!って思わせてくれるのが、V2王者のフェルナンド・アロンソだ!

ルノーエンジンも非力だし、マシン自体も肝心の100Rでアンダーがでる状態で、予選では4番手をゲットして、決勝で優勝してしまう凄さ!

現ドライバーの中で、唯一、勝利を手繰り寄せることができるドライバーだね。しかも、まさかまさかの2連勝だから!

第16戦日本GP決勝
優勝アロンソ(ルノー)48
2位クビツァ(BMW)72
3位ライコネン(フェラーリ)63
4位ピケJr(ルノー)18
5位トゥルーリ(トヨタ)30
6位ブルデー(トロロッソ)7
7位ベッテル(トロロッソ)29
8位マッサ(フェラーリ)78

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月11日 (土)

ハミ、富士で貫禄のポール!

マクラーレンのルイス・ハミルトン

やはりこの男がポール・ポジションを奪った!

まもなくF1<br />
 日本GPが開幕します1

チャンピオン争いを演じるライバルのフェリペ・マッサに約コンマ5秒の大差をつけた。

ただ、フェラーリのマッサは、かなりの量のガソリンを積んでいることが予想できるね。

マッサのタイムをみると、Q3のタイムはQ2よりも1.5秒遅いわけで、マッサはロングスティントになるのかな?

でも、どんな戦略であろうと、決勝5番手スタートは厳しい。まずはコバライネンを抜かないことには始まらないから!

富士スピードウェイといえば、トヨタのホームグラウンド!

そのトヨタのティモ・グロックはかなりセッティングが決まっていて、マシンの調子が良さそうだね。

ハミ、富士で貫禄のポール!

Q1はトップタイム!
ここ数戦はチームメイトのトゥルーリよりも好結果を出しているしね。

トヨタは地の利をいかして、トゥルーリ7番手、グロックは8番手スタート。トヨタはスペシャルパーツを持ち込んでいるみたいだし、決勝が楽しみだ!

前戦のシンガポールGPで久々の優勝を飾ったルノーのフェルナンド・アロンソも、さすが元王者の一発の走りを魅せた!

非力なルノーエンジン、アンダーがでる100R、これを予選中に修正して4番手を獲得した。見事です。

そして我らの中嶋一貴は、心配していたほどマシン特性とコースがミスマッチしていないようだね。

フリー走行のタイムもかなり良かったみたいだし、予選もチームメイトのロズベルグを上回る14番手をゲット!

来季の契約も決まったことだし、攻める一貴の姿が見たい。

さて、問題児のホンダよ、どうしたんだい?

17番手バリチェロ、18番手バトン。

ホンダスピリットはどこへ行った、雨乞いはやめなさい!

最後にブリヂストンタイヤだけど、日本限定のグリーンのエコ・ラインもいいけど、ソフトとハードの見分けが解りづらくない?

まぁ、コンセプトは同感できるので我慢しようね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

まもなくF1日本GPが開幕します②

まもなくF1<br />
 日本GPが開幕します2

ドライバーズランキング首位のルイス・ハミルトンは、今週末の富士の結果いかんで総合Vに王手をかけることになる。

ちなみに、昨年度の日本GPの覇者は、そのルイス・ハミルトンだ!

大雨が降りそぞく富士スピードウェイで、2回のローリングスタートを見事に決めて、富士を制したハミルトン。今週末の天気予報は昨年とは打って変わって、晴れ。

そうなると、タイヤに負担を掛けるハミルトンのドライビングスタイルには一抹の不安が付きまとう。

ただし、1.5キロのメーンストレートはエンジン勝負のサーキットでもある。マクラーレンが搭載するメルセデスは絶対に壊れない最強最速エンジンだ!

やはり圧倒的にハミルトン有利の展開になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

まもなくF1日本GPが開幕します①

まもなくF1<br />
 日本GPが開幕します1

東京・銀座の松竹スクエア内に、

マクラーレンMP4/23』が展示されています。

すでにマクラーレンは今季5勝を挙げていて、日本GP直前時点でコンストラクター部門でトップにいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

モータースポーツジャパン2008 2日目④

2日間にわたって開催された『モータースポーツジャパン2008』もエンディングをむかえました。

2日間で延べ13万人の動員をしたとのこと。

モータースポーツジャパン2008 <br />
 2日目 4

最後はイベントに参加したドライバーたちが、特設会場を一周して観客の声に耳をかたむけていました。

『カズキ、日本GPはお前にまかせた!』

| | コメント (0) | トラックバック (1)

モータースポーツジャパン2008 2日目③

午後のトヨタのデモ走行は、ティモ・グロック選手が走ります!

モータースポーツジャパン2008 <br />
 2日目 3

前戦のシンガポールGPでは4位5ポイントを獲得しました。トヨタのホームレースとなる富士もティモに期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧